酵素ダイエット断食で健康的にキレイに痩せる・おうちエステで肌トラブル改善・心理セラピーで夢の実現をサポートする東京・世田谷のHBIサロン

トップ > ブログ > 美肌を得るためのスキンケアの知識!

美肌を得るためのスキンケアの知識!

2013/01/19

カテゴリーブログ

私が、柴田先生に出会って15年。

先生は、素人だった私にスキンケアの基本をしっかり教えてくれました。

先生は、界面活性剤と防腐剤、この2つを徹底して考慮したスキンケア

を40年間考えてきた方です。

まずは、合成界面活性剤についての知識を深めていただければと思います。

界面活性とは?

水と油を混ぜるもの、乳化させて安定化させるもので2種類あります。

・自然のもの・・:肌にやさしい。安定性が低い、植物由来、コスメが高い

・合成のもの・・・肌にきびしい。安定性が高い、石油由来、コストが安い

合成界面活性剤とは?

合成界面活性剤とは、界面活性剤を化学的に合成した成分で、
洗浄力を高めるためや製造コストを下げるために近年使用され
ることが多くなっています。
ただし、化学合成された成分であるため肌に合わない場合も多く、
特に敏感肌の人では接触性の皮膚炎を起こすこともよくあります。

合成界面活性剤の危険性は?

合成界面活性剤の危険性は以下のようなものがあるといわれています。

たんぱく質を変性させる毒性をもつ

合成界面活性剤はたんぱく質を変性させる作用をもつといわれています。
そのため、合成界面活性剤が皮膚に浸透すると肌細胞にダメージを与え
る可能性があります。
慢性的な湿疹や手荒れなどは、合成界面活性剤による影響である可能性
があります。

皮膚深部への浸透性が高い

合成界面活性剤は、皮膚への浸透率が高く、ウサギを使った動物実験では
ウサギの皮膚に合成界面活性剤の塗布すると、そのうち約0.53%が血液
に吸収されたという結果もあります。
人の皮膚は角質や皮脂膜で保護されていますが、合成界面活性剤は皮脂膜
や角質層などのバリアを破って皮膚内に進入してきます。

皮膚内の残留性が高い

合成界面活性剤は、肌への残留性も高いといわれています。
洗剤で洗っても通常のすすぎでは皮膚内に残った合成界面活性剤すべてを
洗い流すことはできません。

洗剤によっては、洗った後も肌のヌルヌル感が残ってしまうようなものがありま
すが、洗剤には様々な成分が配合されており、いくら十分にすすいだとしても肌
に残ってしまうことがあるのです。

肌のバリア機能を弱め、敏感肌を作るリスクがあります。
また、石油の合成系界面活性剤が河川に流れて、ヘドロの原因になったり、
魚のエラにつまったりと環境汚染の一因にもなっているとも言われています。

合成界面活性剤はコストが安いため、市販のシャンプーやコスメ(クリームや
乳液など)で、お値段が安いものは、石油由来の合成界面活性剤を使用してい
るケースがほとんどです。

柴田先生は私に

「合成のものは安い、だけど、肌に負担がかかるんですよ!
10倍コストがかかるから、お肌に優しいスキンケア商品は
どうしてもコストがかかっちゃうんでね。」

確かに、ドラックストアーなどでは、1000円以下の商品がたくさん並んで
いますが、そういった商品は散々私が使ってきて、使い続けていきたい
と思うものには出会えませんでした。

そんな私が15年間使い続けられたのは、「コストは高くても
植物由来のお肌にやさしい界面活性剤を使用する 」という先生の
一環としたポリシーがあったからなのです。

しかも、メーカーさんも、弊社も広告宣伝費にお金をかけない方針

ですから、原料にコストがかかっても、比較的お手ごろな価格で

ご提供できるのです。おそらくこの内容成分で価格をつけるとしたら

2倍はすることでしょう

私の思いとしては、普通の方々が、良いものを出来るだけお求め易い

価格で提供したい

キレイになるのに、多額のお金がないとき

ただし、宣伝費をかけないので、一般には知られていません。

サロンのお客さまや口コミで、

無料ダイエット診断

インナーチャイルド無料診断

メンタルブロックを解消する

素肌美人メール講座

HBI理念

イベント・セミナー

アクセス

書籍紹介

一万部突破!「すべては変えられる」

言霊ダイエットカウンセリング

輪郭矯正&肌再生のフェイシャル

オーラリーディングセッション

エイジレスブログ

鈴木清和のカウンセラーの独立・開業応援ブログ

TOMOKO姫の素肌美人になる方法ブログ

HBIオフィシャルfacebook

お買い物はこちら